検討すべきポイント


授業内容も理想的な家庭教師ならば、指導方法や方針について面談から決定していきます。 家庭教師へ事前に指導を行っているため、授業についてもスムーズに開始することができます。 しかし個人契約だと家庭教師次第で、性格や指導している経験で組み立て方がしっかりと出来ているかわかってきます。 多くの家庭教師と面接を行ってから、個人契約は結んだ方がいいでしょう。


次に授業の内容を見ていくと、家庭教師センターが良心的ならば担当者によってアドバイスが行われます。 しかし個人契約だと先生次第なので、得意教科などは安心できます。 しかし苦手教科だと学習において不明点も出ることがあるので、親に選択する力が求められます。 受験や模擬試験が授業を行った後のゴール地点となります。


ここでも家庭教師センターであれば、模試を実施したり各学校の受験情報について現状を提供してくれます。 一方で個人契約ならば、インターネットや情報誌で受験情報などを提供します。 インターネットなどであれば、塾などでもチェックできるため、最新の情報でないこともあります。 ネックになる時には、家庭教師センターを介して利用した方が懸命かもしれません。授業方針と含めて、検討した方がいいでしょう。


メニュー